自動車保険 一番安いところ

安くて良い自動車保険を選ぶ方法

自動車保険 安く

自動車保険 最安

自動車保険 格安

自動車保険 激安

自動車保険 安い

 

自動車保険で一番安いところを簡単に見つける方法があります。

 

自動車保険は安心・安全なカーライフのために必要ですが、多くの場合使わずに1年間を終えます。
保険を使わなかったのは良かったけど、保険料がもったいないと感じていませんか?

 

自動車保険の補償内容が同じなら、保険料が安いほうが嬉しいですね。
今はインターネットの時代です。
パソコンやスマホから簡単に「自動車保険の一括見積もり」が出来るのです。

 

 

 

保険料を比べるならいくつかの保険会社から見積もりを取らなければなりません。

 

何度も電話したり、ネットで個人情報を入力するのは時間も手間もかかって大変です。
その面倒な作業が1回で出来るので、簡単なのです。

 

あなた自身の車の保険料の相場や最安値が一目瞭然です。
同じ保険料なら知名度の高いところにしようかな、やっぱり1番安いところにしよう!と保険会社を選ぶ基準もできますね。

 

前年度の補償内容のままで見積もり依頼してみて、保険料が下がったらうれしいですね。
ぜひご活用ください!

 

 

 

自動車保険のしくみ

 

自動車保険 仕組み

 

自動車保険には専門用語が多いので、なんとなくわかりにくいです。
よくわからないままに契約している方も少なくありません。

 

でも実は自動車保険の補償は大きくわけると4つです。
これだけでも分かっていると加入の際に役立つと思います。

 

事故を起こした場合に必要な補償は、@事故相手の身体への補償 A事故相手の車への補償 B自分の身体への補償 C自分の車への補償です。
これらには専門的な名前があり、これがややこしい原因かもしれません。

 

@事故相手の身体への補償:対人賠償 
A事故相手の車への補償:対物賠償
B自分の身体への補償:人身傷害(と搭乗者傷害) 
C自分の車への補償:車両保険

 

おおまかなイメージですが、いかがですか?
なんとなくつかめましたか?

 

 

自動車保険の補償内容

 

自動車保険 補償

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額の設定金額によって月々の保険料が変わります。
オススメは次の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
万が一事故の相手を死傷させた場合は賠償金が高額になるので、無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの高額修理に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害ですから、最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約

 

自動車保険 特約

 

自動車保険は上記の4つ以外にも「特約」という形で、必要な人だけ補償を手厚くすることができます。
特約は保険会社によっても特徴があり、呼び名も様々です。

 

有名な特約には、「弁護士特約」「個人賠償特約」「ファミリーバイク特約」などがあります。

 

<弁護士特約>

 

例えば自分の車が停まっていたにもかかわらず、別の車が突っ込んできた事故は、こちらに責任の無い事故で「もらい事故」と呼ばれます。
もらい事故の場合は弁護士法上、あなたの加入している自動車保険の担当者は示談交渉をすることが出来ません。
この場合は相手方との交渉は自分で行うか、弁護士に委任するしかないのです。
これにかかる弁護士費用を補償するのが、弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となり、自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

 

<個人賠償特約>

 

自動車事故以外の事故で他人に怪我をさせてしまったり、他人の物を壊したりして法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合などです。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる便利な特約です。

 

 

<ファミリーバイク特約>

 

原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
原付バイクを運転する人は自賠責保険には強制加入させられますが、これは事故相手の身体への賠償しかされませんから非常に危険です。
原付を運転するなら、自動車保険の特約で万が一を補償しておくと安心です。

 

借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象ですし、記名被保険者とその家族を補償します。

 

「自損傷害型」 と「人身傷害型」の2種類から選べ、「人身傷害型」は人身傷害保険をつけた場合にのみ選ぶことができます。

 

 

自動車保険のロードサービスとは

 

任意保険 ロードサービス

 

今や自動車保険は事故の時だけ活躍するものではありません。
契約車両のトラブルも対象となります。

 

いわゆるロードサービスです。
しかもロードサービスを利用しても等級はダウンせず、翌年の保険料に影響はありません。

 

ロードサービスの内容とはどんなものなのでしょうか?

 

<車へのロードサービス>
@バッテリー上がり
Aパンク
Bキーの閉じ込め
Cガス欠
Dレッカー移動
Eその他のトラブル

 

<人へのロードサービス>
契約している車が動かなくなった場合に、置き去りは困りますね。
@帰宅費用サポート(自宅もしくは目的地まで)
Aレンタカー費用サポート(24時間まで)
B宿泊費用サポート(1泊まで)

 

保険会社によって、レッカー移動が「50kmまで無料」のところと「100kmまで無料」のところなどロードサービスの内容には差があります。
どんなロードサービスがあるのか、保険に加入する前に確認しておきましょう。

 

事故に合う確率よりも車が故障する確率の方が高いので、ロードサービスの充実度で比較するのもいい方法かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車 保険 若い セカンドカー割引 見積もり プリウス 保険料 安く